headband

排卵検査薬 使い方

HOME >> 排卵検査薬の使い方|排卵検査薬 タイミング

排卵検査薬の使い方


ここでは、

排卵検査薬の使い方のことをお話しします。

何かしらのご参考になれば嬉しいです。


排卵検査薬はどうやって使うの?


排卵検査薬の使い方が間違っていたら、正しい排卵日がわからないという残念な結果になってしまいます。

ですから、使用する前にしっかりと使い方を確認してください。

使用する排卵検査薬によっても、若干使い方が違うことがありますので、説明書をよく確認することが大切です。

ただ、一般的な排卵検査薬の使用方法としては、検査する直前に検査薬をパッケージから取り出し、採尿部分に尿をかける、もしくは、尿につけます。

排卵検査薬を尿に触れさせた後は、「水平な場所」に起き、規定の時間が経つのを待ちます。

規定の時間より早すぎるのはもちろん、遅すぎても正確な結果がわからないといわれているので、きちんと時間を計ってください。

検査結果の表示方法も、その排卵検査薬によって異なりますから、事前に確認しておきましょう。


排卵検査薬を使っても陽性反応がでないこともある?


排卵検査薬を使っても陽性反応がでないことがあります。

そもそも、排卵検査薬は尿の中の黄体ホルモンの量で排卵を検査しているのですが、尿中にどのくらい黄体ホルモンがあれば陽性と表示するかはメーカーごとに違うのです。

設定が高めである方が検査結果の精度が高まるものの、排卵直前になっても尿中の黄体ホルモンの濃度が低めの人もいて、その場合には陽性反応がでません。

自分に合った排卵検査薬を使用することが重要だといえます。

当サイトの人気記事

 1番人気! 排卵検査薬の使い方、タイミングの取り方について詳しく調べてみました

pagetop