headband

排卵検査薬 陽性 陰性

HOME >> 排卵検査薬が陽性から陰性になる場合って?|排卵検査薬 タイミング

排卵検査薬が陽性から陰性になる場合って?


ここでは、

排卵検査薬が陽性から陰性になる場合ってどんな時なのかについてお話しします。

何かしらのご参考になれば嬉しいです。


排卵検査薬が陽性から陰性になるのはどんな時?


排卵検査薬が陽性から陰性になるのはどんな時かというと、排卵がされた時だといわれています。

ですから、妊活中の女性の多くは、一日に一回だけ排卵検査薬を使うのではなく、朝晩の二回くらい使って、できるだけ正確な排卵のタイミングを割り出そうとしているのです。

妊娠検査薬によっても、排卵の陽性反応がタイミング、陰性に変わるタイミングが異なります。

それに、排卵のタイミングを正確に知ることはとても難しいため、目安くらいに考えておいた方がいいかもしれません。


いつ子作りすれば妊娠できるの?


排卵検査薬の種類によっても違うのですが、一般的には陽性反応が出た当日、そして、その翌日の二日間に渡って子作りをするのが理想でしょう。

排卵した時に、精子が待機しているのが望ましいものの、精子の生存時間との兼ね合いもありますし、そもそも排卵のタイミングはそんなに正確にはわかりません。

あまりにも神経質になりすぎてしまうと、ストレスがたまりますし、男性にもプレッシャーがかかります。

男性はとても繊細ですから、夫婦仲を悪化させないためにも、強引に子作りを迫ったりしないようにしましょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 排卵検査薬の使い方、タイミングの取り方について詳しく調べてみました

pagetop