headband

排卵検査薬 産み分け

HOME >> 排卵検査薬で産み分けできるの?

排卵検査薬で産み分けできるの?

排卵検査薬で産み分けできるのかというと、確実ではありませんが、確率をあげることはできるでしょう。

ただし、それは排卵検査薬の反応が正常な人に限られます。

排卵日前後に排卵検査薬を使うと、陰性から陽性になり、また陰性になるというのが正常な反応です。

このような正常な反応が出る方なら、産み分けに挑戦してみるのもいいかもしれません。

まず、生理周期から排卵日を予測して、予定日の五日くらい前から排卵検査薬を使い始めます。

そして、排卵の三日前から二日前を狙って子作りをすると、女の子が産まれる確率が高くなるでしょう。

男の子を産みたい場合には、排卵日の当日に子作りをするといいといわれています。

つまり、排卵検査薬が陽性から陰性に変わったタイミングで子作りをすればいいため、男の子の産み分けの方が挑戦しやすいですね。

排卵検査薬を使っても排卵日の三日前から二日前のタイミングを知るのは難しいですから、排卵周期が不安定な人には女の子の産み分けはできないといえます。

それに、産み分けに挑戦すると妊娠する確率が下がってしまうので、第一子であれば妊娠することを最優先にした方がいいでしょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 排卵検査薬の使い方、タイミングの取り方について詳しく調べてみました

pagetop